薄毛は男女ホルモンが影響している

薄毛の原因はいろいろありますが、特に女性と男性の薄毛はそれぞれ理由があります。
もちろん男女同じ理由ということもありますが、基本的には男性は男性ホルモン過多や不足のどちらも薄毛に影響があります。
他にストレス、加齢、肥満、シャンプー剤、食生活乱れ、睡眠不足、眼精疲労、暴飲暴食、ムース、ワックスの使い過ぎなどがあります。

逆に女性の場合は更年期による女性ホルモン減少、食生活乱れ、シャンプー剤、出産、過度のダイエット、ロングの重さなどがあります。
これら男性も女性も直接頭皮に問題のあるシャンプー剤の問題以外、ストレスや食生活乱れ、ダイエット、睡眠不足などはどれもホルモンに影響が及ぶものばかりです。
つまり女性は女性ホルモンのトラブル、男性は男性ホルモンのトラブルによる薄毛が多いということになります。

男性は男性ホルモンの作用によって皮脂が多く分泌するため、毛穴に皮脂が溜まりやすく不潔になり薄毛にも影響があります。
その上、男性ホルモンは頭皮を薄くし体毛を濃くするため、薄毛はますます進行しやすい状態になるのです。
女性は女性ホルモンが減少する更年期からは、男性ホルモン様が強くなり皮脂が多くなります。
そのため不潔になりやすく加齢臭も出るようになります。
男性も女性もどちらも薄毛改善するためには、ホルモンの乱れや不足を改善することが重要です。
そして頭皮や髪の毛に直に影響のあるアルコール系シャンプーをアミノ酸シャンプーに替えるもとも、当然重要になってくるのではないでしょう。



○管理人推奨外部リンク
薄毛治療が受けられる専門クリニックのサイトです →→ 薄毛治療

Copyright © 2014 薄毛を部位で考える! All Rights Reserved.